生産 「高品質」と「安定供給」の
両立を実現するために 患者さんのQuality of Lifeに貢献するために、最先端の技術・
品質保証のしくみを取り入れ、高品質な医薬品・医療機器
の安定供給に努めています。

生産 「高品質」と「安定供給」の
両立を実現するために 患者さんのQuality of Lifeに貢献するために、最先端の技術・
品質保証のしくみを取り入れ、高品質な医薬品・医療機器
の安定供給に努めています。

患者さんのQuality of Lifeに貢献するために、最先端の技術・品質保証のしくみを取り入れ、高品質な医薬品・医療機器 の安定供給に努めています。

医薬品

高品質な医薬品を万が一のときでも患者さんのもとへ

高品質な製品を1日でも早く患者さんにお届けするために、生産技術グループでは研究開発グループおよび工場と密接な連携を図り、研究開発段階から商用生産までシームレスな生産技術体制を確立。さらに、欧米をはじめとした世界各国の品質基準(GMP:Good Manufacturing Practice)に適合する品質保証体制を構築しています。

また、安定供給の実現のため、原材料に関しては可能な限り複数購買できる体制を整えているほか、BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)の考え方を取り入れ、地震などの自然災害による緊急時にも対応可能な生産体制を確保しています。

「ラキソベロン」液は、原料の投入から包装までを全自動化した専用ラインで生産することで、高度な品質保証・生産性・効率性を実現しています。また、秤量時の暴露を防ぐなど、作業者が安全に医薬品の製造ができる作業環境作りにも配慮しています。

在宅医療機器

トップレベルを自負する在宅医療機器の品質

帝人ファーマでは、在宅医療機器についても医薬品と同等の厳しい基準に基づく品質保証方針を適用。品質保証活動は自社工場にとどまらず、購入部品や導入製品の提携先にも頻繁に足を運び、プロセス、品質を徹底的に検証しています。また、専門家によるコンサルティングを受けるなど、生産ラインの改善にも日々努めています。

酸素濃縮装置の製造ではセル生産方式を採用。作業手順の表示や確認作業にはタッチパネルを導入、身長に合わせて作業台の高さを調整するなど、働きやすい環境作りにも取り組んでいます。

グローバル戦略にあわせて生産・開発の海外拠点化も視野に

世界市場での展開を目指す自社開発の新薬「フェブリク」については、安定供給の観点から、複数の生産サイトの立ち上げを準備中です。また、在宅医療事業では、アメリカ、スペイン、韓国で本格的にビジネスが動きはじめました。今後は各国子会社の活動と、国内事業における活動をいかに有機的に連携させていくかが課題です。

こうした状況のもと、適切なサポートを行っていくためには、もはや日本からの発信だけでは十分とはいえず、海外への開発拠点の設置も現実的に視野に入ってきました。帝人ファーマは医薬品・在宅医療の2事業ともに、生産・開発のグローバリゼーションという新しいステップを踏み出します。

安全性と品質の確保は最優先事項:「信頼性保証体制」