呼吸器 医薬品事業の草創期より特化してきた領域で、慢性呼吸器疾患の患者さんの安心を、医薬品と在宅医療機器の両面から支えています。

呼吸器 医薬品事業の草創期より特化してきた領域で、慢性呼吸器疾患の患者さんの安心を、医薬品と在宅医療機器の両面から支えています。

医薬品事業

気道潤滑去炎剤
ムコソルバン®

吸入ステロイド喘息治療剤
オルベスコ®

呼吸器領域の医薬品には、約30年の歴史をもつロングセラーの気道潤滑去痰剤「ムコソルバン」をはじめ、
吸入ステロイド喘息治療剤「オルベスコ」、気管支拡張剤「スピロペント」、気管支収縮抑制剤「アトロべント」などがあります。

1日1回夕食後の投与で朝方に効果を発揮する徐放性カプセル「ムコソルバン」Lカプセルや、
高齢者や小児など吸う力が弱くても吸入できる「オルベスコ」専用の吸入補助具など、患者さんのニーズに応える剤型の開発に取り組んでいます。

呼吸器領域の医薬品製品一覧

在宅医療事業

二相式気道陽圧ユニット
NIPネーザル®

自動圧調整CPAP装置
スリープメイト®

酸素濃縮装置
ハイサンソ®

在宅酸素療法(HOT)市場で50%以上の高いシェアを誇り、
国産第一号の酸素濃縮装置「マイルドサンソ」の発売以来、常にリーディングカンパニーとして歩みつづけてきました。

携帯型酸素濃縮装置など新製品開発はもとより、万全なサポート体制、旅行支援などあらゆる面から患者さんのQuality of Life向上に努めています。
そのほか気管切開を必要としないNPPV療法用機器(マスク式補助換気用人工呼吸器)「NIPネーザル」シリーズなども提供しています。

呼吸器領域の在宅医療機器製品一覧

北米・欧州・アジアで在宅医療事業の展開が始動

2008年にアメリカのAssociated Healthcare Systems, Inc.、Braden Partners L.P.、Home Therapy Equipment, Inc.の3社を買収。北米における在宅医療事業の営業拠点網を獲得しました。2009年には欧州における呼吸器系在宅医療事業の統括拠点として、スペインのLaboratorios del Dr. Esteve S.A.と合弁会社Esteve Teijin Healthcare S.L.を設立しました。

また、アジアでは2006年、在宅医療事業初の海外拠点Yuyu Teijin Medicare Inc.を韓国のYuyuとの合弁で設立。公的保険の適用も勝ち取り、在宅酸素療法では韓国No.1のシェアを獲得しています。今後、アジアでは韓国同様、保険制度づくりから貢献できるような展開を目指しています。

骨・関節領域 代謝・循環器領域