2012年8月24日

本当は怖い疾患「高尿酸血症」の情報サイト 『尿酸下げよう.com』を開設!

帝人ファーマ株式会社

帝人ファーマ株式会社は、高尿酸血症の患者さんや患者予備軍の方々、また、そのご家族を対象とした高尿酸血症情報サイト「尿酸下げよう.com」(http://243sageyo.com)を8月24日(金)に開設します。

近年、食生活や生活習慣の大きな変化により、高尿酸血症の患者数が増加しており、国内の潜在患者数は1,600万人と推定されています。また、30歳以上の成人男性の有病率は約30%とも言われています。さらに、高尿酸血症は、いわゆる「痛風」として知られている痛風関節炎や痛風結節などの原因となるだけでなく、腎障害やメタボリックシンドローム、高血圧、動脈硬化、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞など様々な深刻な疾患との関連性が高く、治療や対策の重要性が指摘されています。

本サイトでは、高尿酸血症でお悩みの患者さんや患者予備軍の方々、そのご家族の皆さんに、高尿酸血症に潜むリスクについて知っていただき、適切に医療機関で受診いただくために、次のようなコンテンツを中心に掲載しています。

高尿酸血症セルフチェック

いくつかの簡単な質問に答えるだけで、自分自身の高尿酸血症リスクや受診の必要性についてチェックできます。

高尿酸血症に関する基本情報

高尿酸血症について正しく理解していただくために、“尿酸とは何か”や“高尿酸血症に潜むリスク”、高尿酸血症治療に重要となる“生活習慣の改善方法”、“薬剤による治療法”などについて、イラストや動画を交え、わかりやすく解説しています。また、管理栄養士監修の高尿酸血症・メタボリックシンドローム予防レシピもあわせて紹介しています。

専門医によるQ&A

よくある質問に対して、本サイトの監修者である住友病院の松澤佑次院長にお答えいただいています。

また、今後も高尿酸血症治療について相談できる医療機関検索機能など、患者さんにとって有用な情報を随時追加して、サイトを充実させていく予定です。

帝人ファーマでは、世界で約40年ぶりの高尿酸血症治療剤を世界20カ国以上で販売しており、日本でも2011年5月より「フェブリク®錠」として販売しています。本サイトを通じて高尿酸血症についての啓発活動を進めると同時に、高尿酸血症の疫学や病態など、最新の研究から得られた情報を網羅した医療関係者専用サイト「尿酸下げるプロジェクト.com」も開設し、日々の診療の参考になる情報や専門の先生方にとっての最新情報ソースとして幅広く活用いただきます。

今後も、帝人ファーマは、高尿酸血症患者さんのさらなるQOL向上に向けた取り組みを通じて医療に貢献していきます。

当件に関するお問い合わせ先

帝人株式会社 広報室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763