2013年1月17日

先端巨大症および下垂体性巨人症の治療薬 「ソマチュリン®皮下注」の発売について

帝人ファーマ株式会社
イプセン社

帝人ファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:荒尾 健太郎)は、先端巨大症および下垂体性巨人症の治療薬「ソマチュリン®皮下注」を、本日発売しました。

先端巨大症および下垂体性巨人症は、成長ホルモンの過剰分泌が原因で、身体の先端部や手足の異常な成長、およびそれに伴う高身長などの症状を引き起こす疾病です。放置すると、糖尿病や高血圧、心筋梗塞、脳血管障害、睡眠時無呼吸症候群などの合併症を併発し、一般の健康な人に比べて死亡リスクが2~5倍に高まり、平均寿命が約10年短くなるとされています。薬物療法としてはソマトスタチン誘導体*が使用されますが、現在、日本国内で使用できるソマトスタチン誘導体は1種類のみで、新たな治療選択肢が求められていました。

  • *
    ソマトスタチン誘導体:成長ホルモンの分泌を抑制するホルモン「ソマトスタチン」を模した物質

このたび発売した「ソマチュリン®皮下注」は、イプセン社(本社:フランス・パリ)が開発・製造したソマトスタチン誘導体で、既に世界約60カ国で使用されており、帝人ファーマが日本における本剤の販売権を有しています。長期にわたり効果が持続するため、4週間に1度の投与で治療が可能です。また、従来の薬剤とは異なり、あらかじめ薬剤が注射器に充填された状態で包装・製品化されていることから、投与時における煩雑な薬剤調製も不要です。帝人ファーマでは、日本におけるピーク時の売上高として約20億円を期待しています。

帝人ファーマ 代表取締役社長 荒尾 健太郎のコメント

「ソマチュリン®皮下注」は世界約60カ国で使用されており、長期にわたる効果の持続性や、簡単な操作で投与できるデバイスの利便性が、医療従事者および患者の皆さまから高く評価されています。このたび本剤を日本国内で販売できることとなり、大変喜ばしく思っています。患者の皆さまのQOL(Quality of Life)向上に貢献できるよう全力で取り組んでいきます。

イプセン社 上級副社長兼COO クリストフ・ジャンのコメント

日本における本剤の発売は、世界的な販売拡大を目指す上で大変重要です。「ソマチュリン®皮下注」を、先端巨大症および下垂体性巨人症に苦しんでおられる日本の患者の皆さまに使っていただけることを大変喜ばしく思っています。

  • 商標「ソマチュリン®」はイプセン社の登録商標です。

当件に関するお問い合わせ先

  • 報道関係のお問い合わせ
    帝人株式会社 広報室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763
  • その他のお問い合わせ
    帝人ファーマ株式会社 学術情報部 03-3506-4053