2013年5月29日

SAS総合情報サイト『無呼吸なおそう.com』を開設

帝人在宅医療株式会社

帝人在宅医療株式会社は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の患者さんや潜在患者の方々、およびそのご家族を対象としたSAS総合情報サイト「無呼吸なおそう.com」を本日開設しました。

SASは、睡眠中に10秒以上の呼吸停止を数十回繰り返す呼吸障害で、激しいイビキや日中の強い眠気が主な特徴です。居眠り運転による交通事故や、注意力低下による労働災害などにつながることも懸念される社会的影響が大きな疾患であることに加え、高血圧や糖尿病、心筋梗塞、脳卒中など、重篤な疾患の合併リスクも高く、適切な検査や治療、対策の重要性が指摘されています。

現在、国内で最も一般的な治療法であるCPAP療法*を行っている患者さんは約25万人で、年間10%程度の割合で増加していると見られています。しかし、その一方で治療を受けていない、あるいはSASであることを自覚していない潜在患者数は300万人以上とも言われており、その潜在患者層への啓発が大きな課題となっています

  • *
    CPAP療法 : 睡眠時に鼻マスクを装着する治療法。一定圧の空気を鼻マスクに送り、気道を広げる。

このたびの開設するサイト「無呼吸なおそう.com」は、SASでお悩みの患者さんや潜在患者の方々、そのご家族の皆さんにSASに潜むリスクについてご理解いただき、SASを自分のこととして考えていただくことを主目的としています。医療機関での適切な治療および治療への動機づけとなるよう、SAS診療の第一人者である筑波大学の佐藤 誠 教授 監修のもと、次のようなコンテンツを中心に紹介しています。

SASの基本情報

SASについて正しく理解していただくために、“SAS”とは何か”“SASに潜むリスク”“SASの治療方法”などについて、わかりやすく解説します。

SASのセルフチェック

いくつかの簡単な質問に答えるだけで、SASの罹患可能性や受診・治療の必要性についてチェックすることができます。

全国医療機関リスト

SASの簡易検査や精密検査を受けることが可能な全国の医療機関を紹介しています。

当社は、国内のSAS治療装置市場において約40%のシェアを占めるリーディングカンパニーです。このたびの「無呼吸なおそう.com」の開設・活用により、SASの認知度向上を図ると共に、潜在患者層に対して検査・治療の必要性を伝え、さらなる医療の発展に貢献していきます。

当件に関するお問い合わせ先

帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763