TEIJINHuman Chemistry, Human Solutions
帝人ヘルスケア株式会社

一人ひとりに向き合い
患者さんとの
信頼関係を築く

鈴木 翼

東京支店 多摩東営業所 在宅ケア職
入社年:2005年

Q仕事内容について教えてください。

日によって異なりますが、一日あたり5件ほど患者さんの自宅に伺います。月に40件ほどは定期点検としてお伺いし、それに加えて導入時の設置作業と使用終了時のお引き取り、そして使い方などのフォローでも訪問します。半年に一度定期点検があり、担当している患者さんには少なくともこのタイミングでお会いします。また、フォローでお伺いする際には、患者さんが使用に不安を感じていないか確認したり、消耗品の交換などをしたりしています。
新規導入に際しては、入院中の患者さんがご自宅にお戻り(お帰り)になるときには、営業担当があらかじめアポを取った上でお伺いしますが、往診の患者さんの場合にはドクターから急きょ呼ばれることもあります。一日にまわる場所は事前に決めているものの、やはり医療に関することなので、予期せぬ事態は当然起こります。そうした際にも柔軟に対応ができるように予定を組んでいます。

鈴木 翼

Qどんなときにやりがいを感じますか。

患者さんが10名いらっしゃれば、対応の仕方も10通りです。中には機器の使用になかなか慣れることができない患者さんもいます。このような場合には、1回ですべて説明するのではなく、患者さんやご家族のペースに合わせて段階を踏むようにしています。一方で、よく知らない人間を自宅に上げたくないという患者さんもいらっしゃいます。こうした場合には地道に訪問を重ねて信頼関係を築くようにしています。慣れない在宅医療への不安のためか最初は素っ気なかった患者さんが、少しずつ生活に慣れていき、安心して暮らせると感謝していただいたときなどは、とてもやりがいを感じます。

鈴木 翼

Q帝人ヘルスケアのチームプレーについて教えてください。

すべての仕事が一人では決して成立し得ないものです。各職種がそれぞれ補い合うことで、はじめて患者さんと向き合えるのだと感じています。営業やナース、事務の方、そしてケア職が緊密に連携することで、患者さんが安心して暮らせる環境を支えています。
私はいつも、患者さんが自分の家族だったらどんな対応をしてほしいかと考えます。そうすると、よりきめ細やかな対応をしなければと身が引き締まります。患者さんを訪問する際には、営業担当からドクターに伝えてもらう必要のあることはないかなど、チームとして患者さんを支えることを考えて臨むようにしています。

鈴木 翼

OFF

小学1年生の娘と3歳の息子がいるので、週末は家族と過ごすようにしています。家族で公園やプールなど、アウトドアに出かけてリフレッシュすることが多いです。

家族で公園