2018年4月3日

【プレスリリース】帝人メドテックハート株式会社が発足

帝人株式会社

 帝人株式会社は、本年2月にエムスリーアイ株式会社と締結した株式譲渡契約に基づき、3月30日に、エムスリーグループのベンチャーキャピタルであるシーズロケット有限責任事業組合が保有するメドテックハート株式会社の発行済株式の93.8%について譲渡手続きが完了し、これに伴い「帝人メドテックハート株式会社」を設立しました。

 帝人メドテックハートは、30日程度の中期間の使用が可能で、血栓の発生頻度を減少させる効果が期待される「完全磁気浮上遠心式ポンプ」を採用した体外型補助人工心臓(製品名:「MT-Mag」)の研究開発を推進し、日本や欧州における早期の承認取得、上市を目指します。

 帝人グループは、中期経営計画における発展戦略の1つとして埋め込み型医療機器事業の拡大を掲げており、整形外科領域では既に人工関節、骨接合材、脊椎内固定器具の主要3領域を手掛けていますが、このたびの新会社設立を契機として、循環器領域にも積極的に参入します。

 また、今後はドイツの子会社である「MedTecHeart GmbH」を欧州での臨床開発および申請業務の拠点として活用することにより、ヘルスケア事業のグローバル展開をさらに加速していきます。

新会社の概要

社  名 帝人メドテックハート株式会社
本社所在地 東京都日野市
設  立 2018年3月30日
資 本 金 1億円
代 表 者 代表取締役社長 酒井 満
主な事業内容 医療機器(血液ポンプ)の研究・開発

当件に関するお問合せ先

帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 TEL:(03)3506-4055