代謝・循環器
代謝・循環器

世界に広がる自社開発の高尿酸血症・痛風治療剤

近年、高尿酸血症は痛風だけでなく、腎障害や生活習慣病との関連性が報告されています。帝人ファーマはその治療薬となる「フェブリク®」を自社で開発しました。先見性や独創性が認められ、日本薬学会の「創薬科学賞」など数々の賞を授与されました。日本を含め78ヵ国で上市、販売をしています

※2020年6月現在

高尿酸血症・痛風治療剤「フェブリク®」高尿酸血症・痛風治療剤「フェブリク®」

ペプチド医薬品でアンメット・ニーズに挑戦

厚生労働省が指定する難病の治療にも果敢に挑んでいます。ペプチド医薬の技術を応用した、先端巨大症・下垂体性巨人症の注射剤「ソマチュリン®」をフランス・イプセン社から導入。さまざまな症状に悩む患者さんの医療ニーズにおこたえしました。2017年には膵・消化管神経内分泌腫瘍にも適応が認められ、稀少ながんへの対抗策に数えられています。

ソマチュリン®/Somatuline®はIpsen Pharmaの登録商標です。

 

持続性ソマトスタチンアナログ徐放性製剤「ソマチュリン®皮下注」

睡眠時無呼吸症候群(SAS)治療への取り組み

在宅医療の分野においては、睡眠時無呼吸症候群(SAS)治療への取り組みとして、CPAP(持続陽圧呼吸)療法の装置「スリープメイト®」等を導入、医療機関にレンタルする事業を展開しています。
また、循環器領域における「オートセットCS-A」と、慢性心不全へ保険適用されている在宅酸素療法(HOT)の展開拡大をすすめています。

HOT: Home Oxygen Therapy
CPAP療法: Continuous Positive Airway Pressure(持続陽圧呼吸)療法

SAS 総合情報サイト 「無呼吸なおそう.com 」

自動圧調整CPAP装置「スリープメイトⓇ10」 二相式気道陽圧ユニット「オートセットCS-A Type TJ」