社長メッセージ

ケアサイクルに一貫して貢献できる
トータルソリューションを提供し、
Quality of Lifeの向上を実現します。

渡辺一郎

ケアサイクルに一貫して貢献できるトータルソリューションを提供し、Quality of Lifeの向上を実現します。

渡辺一郎

帝人ファーマは「骨・関節」「リハビリ・脳神経」「呼吸器」「代謝・循環器」を重点領域として患者さんに寄り添ってきました。社会の変革にも柔軟に対応し、いくつになっても健やかに自分らしく生きられる未来の実現に向けて歩みを進めています。企業理念「Quality of Life の向上」を原点に、トータルヘルスケアで未来の社会を支える会社へと進化し続けます。

現在、社会の高齢化は世界的な傾向です。とくに日本は人口の21%超が65 歳以上となる、いわゆる「超高齢社会」に入りました※。疾病の構造も変化しており、治療を主目的とした「病院完結型」から患者さんを地域全体で支える「地域完結型」へと医療の転換が求められています。帝人ファーマはこうした社会の要請にこたえるべく、予防/健康増進、治療、リハビリ/介護と、ケアサイクル全体に貢献できるトータルソリューションの提供を実現していきます。

そして国内のみならずグローバルに高付加価値なヘルスケア製品・サービスを提供することで、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の「すべての人に健康と福祉を」というテーマにも寄与できると考えています。一人ひとりが健康寿命を伸ばし、自分らしい生活ができる未来へ。帝人ファーマが力強く牽引します。

※内閣府『令和元年版 高齢社会白書』より

帝人ファーマ株式会社
代表取締役社長

渡辺一郎

現在、社会の高齢化は世界的な傾向です。とくに日本は人口の21%超が65 歳以上となる、いわゆる「超高齢社会」に入りました※。疾病の構造も変化しており、治療を主目的とした「病院完結型」から患者さんを地域全体で支える「地域完結型」へと医療の転換が求められています。帝人ファーマはこうした社会の要請にこたえるべく、予防/健康増進、治療、リハビリ/介護と、ケアサイクル全体に貢献できるトータルソリューションの提供を実現していきます。

そして国内のみならずグローバルに高付加価値なヘルスケア製品・サービスを提供することで、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の「すべての人に健康と福祉を」というテーマにも寄与できると考えています。一人ひとりが健康寿命を伸ばし、自分らしい生活ができる未来へ。帝人ファーマが力強く牽引します。

※内閣府『令和元年版 高齢社会白書』より

帝人ファーマ株式会社
代表取締役社長

渡辺一郎